2018年11月11日

転職後一年の息子

転職後ちょうど一年になる息子。
夏休みに帰省しなかった代わりに先週末、3日ほど家に帰って来た。

新しい会社にも慣れ、仕事もそれなりに順調に進ん出来たようで
1ランク昇格し、基本給が〇万円上がったと喜んでいた。

当初、配属された部署で、8人のうち6人が中国系というチームだったが
部署内で、チーム編成が替わり、ボスも日本人になり、同僚も日本人が増え、
意思疎通が楽になったとか。

でも、また新な問題に直面したようで、少し悩んでいる様子だった。

息子は、純粋というか単純なので、自分が仕事を一生懸命するのに、同僚で
仕事をしないのか出来ないのか、そのくせに口先だけでうまく立ち回るような
人が許せず、苛立ち、顔や態度に出てしまい、それをボスに注意されたようだった。

ボスは息子より一回り以上の上の年齢で、息子同様、最近の転職組の人で、
かなりマネージメントがうまく、話の通じる良い人なのだそうだ。

そのボスに 君の気持ちはわかるが、自分ならムッとしてもそれだけに留め、
それ以上は表に出さないようにする。 君の言動はよくない、と注意されたとか。

ちゃんと注意してくれて有難いボスだね、と言っておいた。

私も息子の気持ちもわかるが、もう社会人なのだから、自分の感情を出すのは
控えるべきだし、あからさまに顔に出したり、態度に出てしまうのは幼稚だ。

そんな程度の小さいやつと思われて、つまらないし、短気は損気だよ、
と言ったら、ホントにそうなんだよね、と言っていた。

自分でもそれをどうしたら克服できるか悩み、マネージメントの本を買って読んだ
そうで、読んだ本の解説を せっせとしてくれた。

アメリカでベストセラーになった本だとかで
マネージメントには ハードとソフトの両方があって、などと、話してくれた。

その本にはマーフィーの法則についても触れてあり、筆者が推奨していて、
息子も、自分の経験から考えて、思うことや願ったことが
後で実現していくのは本当だと思う、と言っていた。

マーフィーの法則では、仕事をする上でも何でも、自分のやりたいことや願いを
しっかり持っていると自然とその道が開け、成し遂げることができるようになる。

日々を自分の願いや思いをしっかり持って過ごしていると、それ以外のことはあまり
些細なことと思えて気にならなくなり、心が安定して集中するので、実現しやすくなる。

それにしても、息子と、マーフィーの法則については話しをするようになるとは!
短気ですぐ顔に出てしまうのは、実は私譲りなんだわ。 御免ね、息子。

息子には 悩みながらでも、地道に経験を積みかさねて、成長していってほしい。




posted by アメジスト at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ノーベル賞受賞の本庶佑教授 

今年、ノーベル賞受賞の 本庶 佑 (ほんじょたすく) 京都大特別教授(76歳)
のニュースを見て、さすが!と思ったので。

ノーベル賞の賞金の他に企業などからも寄付を募って資金を作り、若手の
基礎研究者を支援する「特別基金」が京大に設立されるとか。

本庶氏は 10月に受賞が決定した時の記者会見などで、そのような基金が必要と
発言されており、それが年内にも実行される運び。

ノーベル賞の賞金約5700万円はもとより、ご自身の研究成果からのがん治療薬
「オプジーボ」を販売の小野薬品工業などにも協力を求めて、「数百億〜1000億円
規模になれば」と話されていたというから 金額の構想も桁違い!

基礎研究というのは、どんな分野においても 土台となる重要な部分なのに、成果が
出るまで時間もかかり地味だし、優秀な人材も確保する必要がある。

それだけに資金が不足だと研究もできず、研究者を育成することも出来ない。
本庶氏は それを世間にアピールし、実際に実行されるのだ。

ニュースによると、京大では本庶氏の意向を汲んだ若手の基礎研究者支援という
目的に限定した「特定基金」という形で 受賞に合わせて年内に創設し、本庶氏
の名前を冠することも検討中とか。


ちなみに京大には現在、44もの「特定基金」があり、その中には2012年に
ノーベル賞受賞の 山中伸弥教授らの研究に使う「iPS細胞研究基金」も
含まれるとか。

一昨年、2016年のノーベル賞受賞者、大隅良典氏も 受賞の翌年、教授しておられる
東京工業大学で 学生や若手研究者を支援する基金を創設されたとか。

皆さん同じく 若手人材の育成や資金不足を実感されているのでしょう。

実際に基金を設立されるなど、ノーベル賞受賞者ともなると 気概が違いますね!!

posted by アメジスト at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

遺言書検認申立事件

母の遺産相続で、家庭裁判所より遺言書検認の通知書が来た。

次兄が申立人で、件名が「遺言書検認申立事件」となっていた。

母の遺言書があると、次姉が前から持っていたもので、封もされていなかったもの。
とうの以前に次姉が見せてくれ、内容も知っているのに。 

元々、いろいろあった時に、母が、次兄に対して怒って書いたものだったが、
母は、次兄に今住んでいるところはくれてやるが、それ以外は遣らない
という感じで書かれていたものだった。


でも、それを書いたのは母がもう90歳を過ぎていた時で、封もしておらず、
どういう意図で書いたのかも、分かりづらい内容の遺言書。

土地の価値を無視し、兄妹3人で分けるようにと広さでは3等分位にはなるが。

次姉が持っていたものなのに、なぜ、次兄が、しかも今頃になって
裁判所に申し立てしたのか。
次兄の自分にだけ都合の良い相続案に対し、首を縦に振らない私に対する
威嚇のつもりなのかと思う。

通知書には、検認をするだけで、遺言書の有効・無効を決定する
ものではないと書いてあった。

弁護士さんにも、以前にコピーを見せた時、「これは ちょっと有効性が
薄い遺言書ですね」と言われていたが、しかし気分が悪いこと、この上ない。

posted by アメジスト at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする