2015年10月12日

本当は早く切りたい義母との長電話

義母は話好き、と言えば聞こえがいいが、とにかくおしゃべり。

義姉とは毎日のように長電話している様子で、以前は電話代が半端じゃなかった
らしい。 携帯が普及したおかげで、親子間は料金ゼロでかけ放題になり、
義母の通信費は随分と楽になったはずだ。

ともかく、義母からの電話は長電話になって困る。

私と話したいと言うより、誰か聞いてくれる人を捕まえて話すと言う感じ。
義母の友人やご近所の誰それさんの話が延々と続くのだ。

義母の話に何回も出てくる、○○さんや△△さんの名前は、聞き覚えたが、
面識のない人達の話なので、興味も湧かないけれど、仕方なく適当に相槌をうつ。

義母にとっては、トピックなので、もちろん、義姉には話しただけでは
飽き足らず、他の誰かにも聞いてもらいたくて、掛けてくるのだ。
これは、一種の病気、と私は本気で思っている。

相槌を打つから続くんだ、と夫は言うが、ただ黙って聞いている訳にもいかない。
義母にしてみれば、自分の息子の声を聞きたいのだろうが、嫁で我慢と言う処か。 

毎日のことではないから、我慢できるのだけれど、それにしても、結構しんどい。
義母からの電話を早く切り上げるには、いったいどうしたらいいのか、悩む。



拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ
 

ラベル:長電話 合槌 義母
posted by アメジスト at 05:29| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。