2015年10月12日

渋柿は罰ゲーム?

先日、義母が送ってくれた小包、有難く受け取りました。

届いたお礼の電話をさっそく掛けたら、また長電話になった。
なかなか用件だけで、さっと終わらないのがつらい。

それはともかく、送ってくれた中に、義実家の庭の柿の実が5個入っていた。
その柿の木は、義姉か夫が、子供の頃、食べた後で種を植えたら大きくなり、
その実を毎年のように送ってくれるのだ。

「渋は抜いといたから、そのまま食べて」とのこと。
「渋は抜いておいた」とほぼ毎年言ってくれるのに、ちゃんと渋が抜けていたこと、
今まで一回もありませんから!(キッパリ)

渋を抜くのはホワイトリカーに漬けておくだけとネットで調べました。 簡単だし、
別にいいんですけど、抜いたと言うなら、ちゃんと抜いといて下さい、と言いたい!

それとも毎年、その言葉信じて、試しにかじってしまう私がバカ?

ちなみに夫は柿があまり好きではなく、買って来た柿も殆ど食べない。
被害に合うのはいつも私だけ。 …まさか、義母からの罰ゲーム(ー_ー)!!


↓ランキングに参加しています。↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ



posted by アメジスト at 06:26| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。