2015年10月15日

お祝いをもう一度?

数年前のことですが、義父母の結婚50周年にあたり、私たちなりに考えて、
お祝いをしました。

関西旅行として招待。 私達のマンションではなくて、一流ホテルのスイートに
宿泊、一日めは観劇、二日目は京都観光と、私達の出来る範囲でプランを考えて
用意し、心をこめて、金婚式のお祝いをしたつもりでした。

5月の終わり、連休もすぎて交通も込んでいないし、気候も新緑の気持ちの良い季節。
ただ一日目は 夫は仕事、子供達も学校があるので、一緒に行動できないけれど、
皆で夕飯を一緒に、翌日は皆で京都観光と食事をし、3日目に帰郷、というものでした。

観劇も、歌舞伎座の公演の座席を2か月前から予約して良い席を取り、それに合わせて
ホテルとレストランの予約も入れ、という招待旅行だったのです。

到着した日の歌舞伎も良かったとのこと、その後の会食も奮発した豪華海鮮中華料理、
翌日は皆でゆっくり東山界隈を観光し、それなりに高級な会席料理も堪能して頂き、
義両親も喜んでくれて、翌日、帰りの新幹線に乗るのを見送り、無事金婚式の
お祝いが出来たとほっとしたのでした。

ちなみに お義母さんはご近所かどこに配るのか知らないけど、一ダースほども
京菓子のお土産をまとめ買いして、お店で送る手配をしてましたっけ。


でも、ところが、なのです! その2カ月半ほど後、8月に帰省した時のこと。 
義母が、「金婚式のお祝いはいつしてくれるの? 祝い事は遅くてもいいけどね。」
と、言うのです。

これには、夫も私も、びっくり!!
じゃあ、5月の招待旅行って、いったいなんだと思っていたのでしょうか。
もう、驚きを通り越して、呆然。 その後、情けなくなりました。

そもそも、その前年から、来年は金婚式だから、と何度も何度も催促されてました。
5月の旅行の招待の時、これが金婚式のお祝いだから、と私達がはっきり言わな
かったのかもしれない? まさか? しかし、
お祝いでも何でも無く、そんな豪華な日程の旅行を 私達が招待しますか?

5月に観劇付きの関西旅行に招待したのが、私達からのお祝いだった、と言っても
義母は全く、そうは受け取ってなかったようで、納得できず不満そうでした。
もっともっと豪華に派手に祝ってほしいということ?
それにしても、あまりに要求が過剰でしょう。

こんなやりとりを側で聞いていながら、まるで他人事のように何もいわず、
義母を諌めるでもなく、そ知らぬ顔の義父。
口をはさまない方が早く終わると思ったのかは、不明ですが。 

元々、義父は、お祝いとか何とか、義母ほど興味も示さなかったけど。
5月、義母の付き添いだったにしろ、2人揃って旧婚旅行風にそれなりにお洒落し、
義父だけはしっかり招待された意味がわかっていたはずなのに、一言も無し。

義母だけが何やかやと大騒ぎしてるだけ、というのがいつものパターンなのですが、
でも、この時だけは、義父のそんな様子に、とても腹が立ちました。


↓ランキングに参加しています。↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ



posted by アメジスト at 20:16| Comment(1) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
四葉と申します。
ランキングから来ました。

それは、もう怒りを通り越して
あきれてしまう感じのことですね。

それにしても、おとうさまのフォローがあれば
きっとおさまった話だと思うのに、

その旅行が楽しかったから
もう一回行きたいと思って言わなかったのかも
しれませんね。


また訪問させていただきますね。応援ぽちっ♪
Posted by 四葉 at 2015年10月19日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。