2015年10月25日

義母の化粧バッグ

かなり前のこと、一度、義母のお化粧の様子を見たことがあります。

色白の義母ですが、お出かけには私なんかよりよほどしっかりお化粧するのです。

義実家、居間横のサンルームの様なところに、小ぶりの三面鏡台が置いてあって、
そこの椅子に座ってするのかと思いきや、大きながっちりした、化粧バッグに
お化粧道具一式が入っているらしく、それごと居間の、普段は食卓でもある
テーブルの上にどんと置き、化粧バッグから、卓上鏡も取り出して、やおら
ぺたぺたとお化粧を始めたのです。

私は見てはならないものを見てしまったような気がして、あわててその場を
離れたのですが。。。

息子夫婦が帰省中なのを、忘れるはずもなく、もちろん義父もいて、
自分の息子やその嫁孫の滞在中、そんなに堂々と誰がいつ入ってくるかも
しれない居間で、当り前のように堂々とお化粧する義母。 

私の実家では、考えられない光景だったので、平気で自分をさらけだせる
義母ってすごいなと思ったのでした。 

私はお化粧って、トイレやお風呂の次くらいにプライベートな感じがして、
実家の母の前でも、ちょっと躊躇するし、ましてや義実家ではササっとこっそりと
なのですが、義母はその辺り、おおらかというか、全く平気の様子です。


それにしても、義母のパステルブルーの大きな化粧バッグは、まるで一昔前の
芸能人が持ち歩いてそうなバッグで、普通の主婦でもそんなの使う人いるんだ、
と不思議な感じがしたものです。 

義姉の家に伺った時も、鏡台脇にそんな風なパステルピンクの化粧バッグが置いて
あって義母と同じなんだ、と思いました。 2人とも今も使っているのかしら。

ひょっとして、例の仲の良い美容院のおススメ?と、ふと思いました。



posted by アメジスト at 15:06| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。