2015年10月29日

義母の筋違いの大盤振るまい

まだ子供達が小学生の低学年の時のこと。

義実家へ帰郷中のある日、舅姑も含めて皆でショッピングセンターへ買い物に行き、
途中、ゲームコーナーの近くの椅子に腰かけて休憩した。

その時、義母が「これで遊んでおいで!」と子供たち2人に、ピラリと千円札を
一枚ずつ渡したのだ!

夫がすぐさま、「そんなこと、やめてくれ!」とお札を取り上げて返したら、
義母が「ケチくさいこと、言わないで遊ばせておやりよ。 子供はゲームが好き
なもんだよ。 たまにはいいさ。今日はおばあちゃんがお金を出してやるって
言ってるんだから。」ときた。 呆れた。

子供はゲームはもちろん好きに違いないが、ゲームごときにお金をそんなふうに
簡単に渡すことが 私達夫婦の教育方針に合っていないのだ。 

子供達には、父親が一生懸命働いて稼いだ大事なお金だから、無駄使いはいけない、
と常々教えてるのに、たとえ義母がだしたにせよ、これは明らかに無駄使いだ。

義母には教育方針もなにもあったものではない。 安易に子供にお金を与えて、
ゲームセンターの味を覚えさせて、どうするんだ。

これで、好きな本買っておいで、というなら、「有難う、お義母さん」と
言うところだけど、暇つぶしのゲームセンターになんか大盤振る舞いして、
孫にいい顔しないでほしい。

話はちょっと飛躍するかもしれないが、義姉の夫のギャンブル好きは、育った
環境によると思っている。 義兄の兄弟はみな、ギャンブル好きというから、
小さい頃に、賭けごとはいけない事だ、と教えない家で育ったのだと思う。

↓ランキングに参加しています。↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ






 
posted by アメジスト at 14:37| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。