2015年11月26日

断捨離と冬支度で思うこと

あと少しで11月もおしまい。 巷ではクリスマスの飾りがあたりまえとなり、
いよいよ師走が迫って来て、冬支度もしっかりしなくてはならない時期。

着るものもだけど寝具も、昨年の冬の物を引っ張り出してみると、何となく
古びて見えてしまって、つい新しい物が欲しくなってしまう。

素材もデザインも何でも進化してゆくので、充分使えるものでも、余計に色あせて
古びたように感じてしまう。

断捨離とミニマリストを目指す者としては、ここが踏ん張りどころなのだけど。

こんまり、こと近藤麻理恵さん流を実践したいけど、ときめく物がないので、比較的
ときめく物を残す、となってしまうのが辛い(ー_ー)!!

あまりときめかない物の中から、一番ときめく物を選択するのは むずかしい。

これって、かたずかない人間のいいわけかなぁ〜などと思う。

拙い文章を読んで頂いて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 応援して下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ




posted by アメジスト at 17:30| Comment(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。