2017年07月09日

梅干しを仕込む

今年も梅干しを仕込んだ。

全くの無添加の梅干しは自分で作るしかないと、10数年前から毎年、
作るようになった。 この数年は、こだわって本場、みなべ町から完熟ものを
10キロほど取り寄せて作っていたのだけれど、まだ去年のがかなり残っているので、
今年はどの位の量を作ろうか、取り寄せるのもどうしようかと迷っていた。

でも、近所のスーパーで良さそうな南高梅(但し奈良産)を売っていたので
それを3キロほど買って、仕込んでみた。 少量なので簡単にビニール袋に
小分けして仕込んだ。

わが家ではカビたり発酵させてしまうような失敗の心配がない、塩分18〜20%。
かなり塩辛いのだけど、その代わりこの濃度だと5年位でも常温で保存可能とか。

お裾分けする実家には 塩分がきつ過ぎる、と不評だけれど、何人かの友人達には
自家製ならではの安心の無添加で、熱いお茶にこの梅干しを入れたのを飲むと
ちょっとした風邪や疲れは吹き飛ぶ、とそれなりに好評だ。

わが家ではご飯を炊く時、一つ入れて梅ご飯にするのがほぼ定番。
梅ご飯といってもほのかに梅の香りがする程度。 特に今のような蒸し暑い
時期、傷みやすいので梅ご飯にしておくと安心。
 
ついでに買った紫蘇は紫蘇ジュースにしてしまったので、今年は白梅干し。






posted by アメジスト at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。