2017年08月10日

礼文島 

世間では 今週末からお盆休みで旅行に行く、という方も多いでしょう。
若い知人が家族連れで 礼文島へ行くんだ、とのこと。

「礼文島」。
 
もう何十年も前、学生の頃、友人と夏休みに北海道旅行し、一週間ほど滞在した
思い出深い島。 

当時は、旧国鉄で周遊券という割安な乗車券のシステムがあり、北海道周遊券は、
関西発なら20日間で、学割だと8千円いくらかという安さで、それを利用した。

その頃はリュックを背負い旅行する人をカニ族と呼んだものだけど、私と友人も
小さめのリュック担いだ子ガニ族といった風情。 宿泊は全てユースホステル。

旅行本や時刻表で調べ、結構、綿密に日程を組み、日本海側を急行で北上し、
青函連絡船に乗って函館から北海道入りした。 大雪山旭岳のふもとのユースを
皮切りに道内をめぐりだして数日目、知床の岩尾別ユースにたどり着いた。

年配の女性がひとりで運営するユースを手伝っていた、ある若い「旅人」(夏は北海道、
冬は沖縄と、一年中旅してる人達のこと)に出会い、アレコレと教えてもらい、
計画に入っていなかった礼文島に絶対行くべし、との指南を受けたのだった。

もう旅行の計画など放り出して、岩尾別には一週間位いた。

ユースは自然の中のホントの一軒家で、かなり綺麗ではなかった!けど全然平気。
水はそばの川から直接引いていて、蛇口にはガーゼが巻き付けてあり、それで
藻を漉すシステム。 藻がすぐたまってガーゼはすぐに緑色になっていた。

時々熊が出没するとかで、夜は外にあるトイレに行くのが怖々だった。

他に泊まるところが無いので、泊り客が多いときは、部屋が足らず、
連泊組みは古株として、廊下に布団を敷いて寝かされた。

でも、滞在中は 今は有名な温泉川、カムイワッカ川で露天風呂に入ったり、
羅臼岳に登ったり、知床五湖では本当はあると言う幻の第六湖を探したりした。

ある日は数人でウトロまで、ユースの朝食用の食パン等をお使いで仕入れに、
往復ヒッチハイクで(道路工事の砂利運搬トラックとか)おつかいに行ったりもした。 

ユースにお風呂は一応あったものの、ほとんどの宿泊客は近くで唯一つの旅館、
「ホテル地の涯」まで、連れ立って山道を歩いてお風呂に入りに行った。
日暮れ時、皆で夕陽が沈むのを近くの入り江まで見に行き、星空を仰ぎながら
ユースに戻るのが日課。 自然を文字通り満喫し、毎日、わくわくして楽しかった。 
 

旅人の指南通り、知床を出た後、道内を東から西の端まで横断し、稚内から日本最北端の
離れ島、礼文島へ渡った。 隣の利尻富士と呼ばれる利尻島は船から眺めた。

一日2往復のフェリーしか交通手段がなく、その頃は時期的に運航のある5月から
10月までしか人が住めず、11月から無人となると聞いたけど、今はどうなのだろう。

その頃の宿泊施設といえば桃岩ユースだけしかなく、泊り客は多かった。
関西からの学生も多く、旅行情報を交換したりして、すぐ親しくなった。

ユースの近くの元地浜だったか、メノウの原石が打ち上げられる浜に行っては
メノウらしき小石を探して拾ったりした。

島の観光の目玉行事は島内の要所を30km歩いてめぐる「8時間コース」。
天候の加減などで何日かに一度実施され、参加した時は総勢で40数人位。

朝食後、同じお弁当を持ち、案内人を先頭にユースを出発。 コースの道順と
見どころを書いた簡単な地図を見ながら、結構アップダウンのあるコースを進む。

美しい景色の中を 高山植物の花を見ながら、結局9時間位かかって完歩した。 
足も痛くなり、へとへとになったけど今ではとても良い思い出。

天然記念物の 礼文薄雪草は「Sound of Music」のエーデルワイスと同じ花。
実際に岩場に白っぽい小さいのが咲いているのを見つけ、これがあの有名な? 
なんて思った。

  エーデルワイス.jpg

お金はないけど、時間だけはたっぷり、若い頃だからできた旅だった。

北海道へはその後、結婚してから子供が小さい時、二度家族旅行したけど。 
知床半島の岩尾別だの、カムイワッカ川で露天風呂や、羅臼岳に登るなど、
とても無理なこと。 遊覧船で海側から半島を眺めるだけだった。

ましてや礼文島へは、よほど日程に余裕がないと行けない。

礼文島は、明るく高山植物の花が咲き乱れ、見渡す限りの海がとても美しい島。

今なら、あの美しい自然の絶景の数々に、もっともっと感激するだろうけど、
再び行ける日が来るだろうか、と思うと少し寂しい。




posted by アメジスト at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。