2018年05月17日

〇十年ぶりで後輩と再会

高校時代のクラブの一年後輩と〇十年ぶりで再会した。

彼女は若くして職場結婚し、早くに関東に住居が移ったこともあるが、
卒業後は逢うこともなく、〇十年間、年一度の年賀状だけで繋がってきた。

一年後輩の彼女とは、何となくウマが合ったというか、何人かいた部員の中で、
センパイ、センパイと慕ってくれたし、私も当時でも珍しく腰のあたりまでの
長い三つ編み2本がトレードマークの彼女が可愛くて、よく絡んだものだった。

クラブで一緒に活動したのは高3の夏の引退までの一年半足らずの期間だけ。
それなのに、卒業後も年一度の年賀状だけで よくつながっていたものだと思う。 

関東の人となったとはいえ、実家はこちらなので、何かあるときは
帰省していたようだが。

昨年の年賀状で、年始に長期でこちらに滞在予定なので、連絡する、とあったのに、
それがないまま、一年以上がたったのだった。

それが、最近メールが入り、5月にひと月ほど帰省しているので
都合の良い時、会いましょう、ということになった。

当時のクラブの仲間で今も付き合いのある友人も誘い、三人で逢うこととなった。
三人の接点ということで、天王寺でランチということになった。

JR天王寺のコンビニ前に何時何分と 自分で設定し、連絡したのに、
慌て者の悲しさ、コンビニの看板が思っていたのより小さくてわからず、時間通りに
行ったものの、友人もそれらしい人も見当たらず、その辺りをウロウロして焦った。

そのうち、特徴ある友人の声が聞こえたので、そちらの方を見ると二人の 
”センパイがまだなんです” ”大丈夫、大丈夫、あの子はいつも遅いから” 
なんていう、ひどい(?)会話が聞こえてきて、やっと会えたのだった。

最初、通りがかりにチラと見たのが彼女だったのだけど、卒業以来逢ったこともなく、
今も彼女が昔のトレードマークだった三つ編みのはずもなく、彼女の方でも 私が
まさか眼鏡かけてるとは思わず、お互いがわからなかったのだった。

でも、挨拶してよくよく見ると、素敵に年齢を重ねた彼女だった。

ランチは天王寺MIOの月日亭で、西側の見晴らしの良い所をと予約した通りの
席に案内してくれた。 

隣のテーブルは 私達よりたぶん一世代位は上と思しき女性3人が、まずビールで
乾杯されていたが、我々3人はまずお茶で乾杯。 

お料理が運ばれてきても、話が尽きず、なかなか食事が終わらなかった。

夫々の卒業以来のことを話したり聞いたりしたが、人生って色々あるもんだと
つくづく思ったのでした。


今回はこの辺りで。 








posted by アメジスト at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。