2018年07月12日

ウィンブルドン 錦織

テニスウィンブルドンで11日の 錦織選手のジョコビッチ戦。
1セットは奪い、健闘したけど、準決勝進出ならず。

それにしても錦織選手、よく頑張ったのに、惜しかった。 


その後も他の熱い対戦が次々とLIVE放送され、ついつい見てしまい、
少し寝不足気味。


しかし、
ベスト8入りの選手の対戦ともなると、どの試合もすごい熱戦でした。
しかも、ごっつい大男ばかり。

ナダル(スペイン)vs デル ポトロ(アルゼンチン)は4時間48分の死闘の末、
ナダルが勝ちましたが。

デルポトロ(29歳)は 身長198cmで体重は98kg。
ナダル(32歳)身長185cm、体重85kg より、ひと回りは大きく見えました。

フェデラー(スイス)vs ケビン・アンダーソン(南アフリカ)は
フェデラーまさかの負けで準決勝進出ならず。

ちなみに身長は フェデラー185cm、アンダーソンは 203cm!

他の順々決勝線の シチパス、191cm、 ジョン・イスナーは 208cmだって!!!

ジョコビッチだって細身だけど、188pで、錦織選手より10cmも長身。

錦織選手、こんな体格でも圧倒されるような世界の強豪相手に
本当によく健闘していると思います!



posted by アメジスト at 08:03| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。