2018年09月14日

色々なことが重なって

このところ、いろいろなことが重なって起きて、気が休まらない。

今年は、マンションの組合の当番理事にあたっていて、大規模修繕では
ないけど、結構大掛かりな修繕をすることになり、やっとめどがついた。

でも、最後になって、理事の一人の男性が何かと、細かいことを
あれこれ言いだした。 細かい形式にこだわり、ほんとに面倒。

最低限度の形式は整えるべきだけど、細部にこだわりすぎると、
きりがないし、大した意味もない。 業者さんも困惑している。 

私とほぼ、同年齢位の、一見、気のよさそうな男性なのだけど、
話が通じているようで 実は通じていなかったりする。

当然知って言るはずのことが抜けていたり、解釈が違っていたり、
愕然とする。 もともと思考的ではない人なのだろうと思う。

しかも、自分がこうだ、と思ったことには固執して、他の意見は聞き入れない。

でも、これ書いていて、私が子供達から時々言われることそのままじゃないか
と、気がついた。 私も人のことは言えない。

誰でも、年を取るに従い、頭も固くなり、理解力も低下してゆくのだ。 
マンションも古くなって劣化が進むし、住民の高齢化も進んできたということだ。 

ただ、救われるのは、今年から管理会社の担当者が替わり、以前の担当者より、
事務手続きなど、なんでもす早い、ということで かなり助かっている。



実家の方の相続の件もなかなか、進展せず、本当に頭が痛いけど、
姉のためにも投げ出すわけにはいかない。 
でも慣れてきたのか、胃が痛む、というのはなくなってきた。 


何事も、誠意をもって、ことに当たれば、きっと良い結果に導かれると
信じている。
posted by アメジスト at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。