2018年10月03日

弁護士に依頼

実母の遺産分割で、弁護士さんに頼むことにした。

姉を伴い、弁護士さんをいろいろ当たったけれど、結局、一番最初に
相談に行った、税理士の免許も持つ弁護士さんに依頼することにした。

但し、姉と一緒でなく私単独での依頼。
姉と意見を合わせるのがとても困難と分かったから。

弁護士さんも、お姉さんと一緒ではお引き受け出来ませんとのことだった。
姉について、弁護士さんはどう思ったのか、意見がはっきりしない人の
弁護は引き受けられないということだと思う。


姉を助けたい一心で、弁護士を立てようとしたのだけど、
私が単独で自分の正当な権利を主張することで、結局は姉も助かると思う。


私がまずどう相続したいかを聞かれたので、次兄の案では受け入れがたいので、
法定相続をまず前提にして相続したいと伝えた。

譲歩は後でいくらでもできますから、それがいいでしょう、と弁護士に言われた。
どんな結末になるかわからないけど、依頼したことで、随分気が楽になり、
胃の痛みが消えたような気がした。


posted by アメジスト at 06:38| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。