2019年02月17日

久しぶりの投稿 遺産相続その後

この前、ブログを書いてから、3月も経てしまった。


母の遺産相続、あれからいろいろあったけど、まだ片ずきそうになく、
心落ち着かない日々がつづいている。

大した財産でもないが、土地だけは遺してくれたので、兄弟は多いのに
相続税を払わねばならないのだ。 土地しかないので分割はむずかしい。


母が亡くなったのが昨年四月末なので、相続税の申告期限が今年の2月末。
期限切れなので、とりあえず、未分割とのことで申告する。

期限までにと、次兄からの酷い内容の相続分割を強要されてきたが、
とりあえずは回避できるということにはなり、これから本腰を入れて、
此方の言い分を言って、話し合いをしなければならない。


弁護士さんも、此方の意向を具体的にはっきり言わないとそのようには
一緒に戦う(?)ことはしてくれない感じがして、少し心もとないが。

弁護士さんを頼りすぎなのかもしれないが、こんなものなのだろうか?
何せ、弁護士に頼むなんて、初めてのことなのでわからない。

でも、いつかは上手く解決すると希望をもっていようと思う。

私自身は、なにも守銭奴のように厚かましいことは考えていないつもりだ。
次兄に騙されるように協力した金額は返してほしいし、
それを含めて、法定相続分は要求しているだけなのだから。

そもそも、母を看てきた姉に、その貢献に見合ったこれからの
生活確保のための遺産をまず相続させたいのが主な主張なのだから。

姉が無欲だからとそれをいいことに、次兄の要求こそ、自分勝手すぎる
のではと、次兄以外の兄弟姉妹は思っているのだから。

こんなに母の遺産分割でややこしくなるとは母も思わなかっただろう。
母の遺言がそもそも、中途半端な書き方しかしていなかったのが
問題なのだから。 もっとしっかりとした遺言を残しておいてほしかった。










posted by アメジスト at 02:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。