2015年10月14日

歯にしみる甘いお漬物

信州のお漬物といえば野沢菜漬けが有名ですが、瓜の粕漬けも、昔から
各家々で漬けられる定番のお漬物なのだとか。

関西に住んでいると、奈良漬けと言えばあの飴色のようになった
濃い味の奈良漬けを思い浮かべますが、信州のは浅漬け。

義母は 奈良の奈良漬けより、信州で漬けるこっちのが本当の奈良漬けさ!
と言うのですが、なぜ奈良と言う名がつくのでしょうね。 でもこれは置いといて。

義母も毎年、瓜の季節になると、沢山漬けるようです。

瓜の出回る夏の終わりごろ、酒粕もちょうど出まわり始め、瓜と酒粕を
沢山用意して、頑張って漬けるのだそうです。

瓜の緑の色も残っていて、肉厚で、ぱりぱりとした食感も新鮮で、初めて食べた
時はなんて美味しいお漬物、と思ったものです。

でも、かなり甘いので、一切れならともかく3切れ位食べると歯にしみて痛くて
それ以上食べられないのです。 歯を治療しないとあまさがしみて食べられない(/_;)

義母曰く、義母の兄嫁である叔母は料理上手だけど、叔母の漬ける奈良漬けは 
甘味が足りなくて、しょっぱくてまずいのだとか。

義母には言えないけど、たぶん叔母さんの瓜漬のほうが私の好みだろうなと思う。


↓ランキングに参加しています。↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ
  


posted by アメジスト at 09:00| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

渋柿は罰ゲーム?

先日、義母が送ってくれた小包、有難く受け取りました。

届いたお礼の電話をさっそく掛けたら、また長電話になった。
なかなか用件だけで、さっと終わらないのがつらい。

それはともかく、送ってくれた中に、義実家の庭の柿の実が5個入っていた。
その柿の木は、義姉か夫が、子供の頃、食べた後で種を植えたら大きくなり、
その実を毎年のように送ってくれるのだ。

「渋は抜いといたから、そのまま食べて」とのこと。
「渋は抜いておいた」とほぼ毎年言ってくれるのに、ちゃんと渋が抜けていたこと、
今まで一回もありませんから!(キッパリ)

渋を抜くのはホワイトリカーに漬けておくだけとネットで調べました。 簡単だし、
別にいいんですけど、抜いたと言うなら、ちゃんと抜いといて下さい、と言いたい!

それとも毎年、その言葉信じて、試しにかじってしまう私がバカ?

ちなみに夫は柿があまり好きではなく、買って来た柿も殆ど食べない。
被害に合うのはいつも私だけ。 …まさか、義母からの罰ゲーム(ー_ー)!!


↓ランキングに参加しています。↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ

posted by アメジスト at 06:26| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当は早く切りたい義母との長電話

義母は話好き、と言えば聞こえがいいが、とにかくおしゃべり。

義姉とは毎日のように長電話している様子で、以前は電話代が半端じゃなかった
らしい。 携帯が普及したおかげで、親子間は料金ゼロでかけ放題になり、
義母の通信費は随分と楽になったはずだ。

ともかく、義母からの電話は長電話になって困る。

私と話したいと言うより、誰か聞いてくれる人を捕まえて話すと言う感じ。
義母の友人やご近所の誰それさんの話が延々と続くのだ。

義母の話に何回も出てくる、○○さんや△△さんの名前は、聞き覚えたが、
面識のない人達の話なので、興味も湧かないけれど、仕方なく適当に相槌をうつ。

義母にとっては、トピックなので、もちろん、義姉には話しただけでは
飽き足らず、他の誰かにも聞いてもらいたくて、掛けてくるのだ。
これは、一種の病気、と私は本気で思っている。

相槌を打つから続くんだ、と夫は言うが、ただ黙って聞いている訳にもいかない。
義母にしてみれば、自分の息子の声を聞きたいのだろうが、嫁で我慢と言う処か。 

毎日のことではないから、我慢できるのだけれど、それにしても、結構しんどい。
義母からの電話を早く切り上げるには、いったいどうしたらいいのか、悩む。



拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ
 

ラベル:長電話 合槌 義母
posted by アメジスト at 05:29| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ピーマンこわい?

義母がピーマン嫌いとは知りませんでした。

こちらに来た時に、お茄子と万願寺の煮たのをお出ししたら、
「私、これ食べられないわ。ピーマンだもの、お父さん食べて」、だって。

子供じゃあるまいし、なんて思っちゃいましたよ。
ピーマン食べたら、蕁麻疹でもでるのでしょうかね。

それにピーマンじゃなくて、万願寺とうがらしですってば。
posted by アメジスト at 22:43| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被害妄想?

義母の言葉で、いつも気になるのですが、私の実家に物を渡してと言う時、
必ず「遣って」と言うのです。 「上げて」じゃなく「遣って」です。

たとえば、リンゴを送ってくれたのに対して、
お礼の電話を入れると、「○○ちゃん(私のこと)の実家にも遣ってね」
と言うのです。

「遣る」という言葉、植木に水遣るとか、犬猫に餌を遣る、みたいに使って、
目下の者に何かを施すという時に使うと思うので、なんかひっかかります。 

信州の方言なのか、それとも義母だけの言い方の癖なのか、わかりませんが
いつもちょっと嫌な感じします。 
これって、嫁の単なる被害妄想でしょうか(ー_ー)??
posted by アメジスト at 11:32| Comment(0) | お義母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。