2018年02月05日

好きなブランドが日本から撤退

高級なブランド品にはそんなに興味も執着もないのだけれど、
若い頃から好みのブランドはそれなりに幾つかある。

その一つがローラ・アシュレイ。
イギリスのブランドで、ビクトリア朝というのか、古き良き時代風(?)で、
淡い色使いや 優雅な花柄が素敵。 他にはないそんな雰囲気が大好きだった
のだけど、この2月末で、日本市場から撤退するのだそうだ。

家具や食器もあり、カーテン、リネン類も淡い色の花柄が多くて上品で華やか。
断捨離しなければと思っているけど、手持ちの物を少なくするなら、尚のこと、
こんな優雅な雰囲気の物だけだったら、素敵だろうなと憧れてた。

衣類やバッグ類もそんなに高価ではなく、結構実用的で丈夫。
もっぱらバーゲンの時にセーターや小物類など、時々買っては楽しんでいたのに、
日本撤退なんて!とても、とても残念。

昨日、セールの案内を送ってくれていたお店を覗いてみた。
色々見て迷った挙句、白いボレロのカーディガンとエコバッグを買った。
ここのエコバッグは色も柄もお洒落なうえに、しっかりした作り。旅行先などで
荷物が増えた時など、重宝するし、プレゼントにもいいので、二つ買った。

リネン類も見たけれど、やっぱりすごく素敵。 タオルなども他にはない色と
柄あいで、シリーズのセット、全部欲しいくらい。

この際、全部は無理としても、水回り関係のタオルとか敷物を
ローラアシュレイの一つのシリーズで揃えたら、素敵だろうなと思った。

満足のできる断捨離って、多少はお金をかけないとできないものなんだ、
なんて思う。 

posted by アメジスト at 02:17| Comment(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

バーゲンでつい買ってしまった

断捨離やミニマリストは 目標なのだけれど、
このバーゲンシーズンにはついつい買い物をしてしまう。

昨日はちょっとしたアルバイトに行き、その帰りに久しぶりに街中に出た。

折しもバーゲンまっさかりのデパートに立ち寄り、好きなブランド(もちろん
高級ブランドにあらず)の売り場をチラリと覗くだけのつもりだったけど。

少し長めの麻のカーディガン。 オフホワイトがほしいと思っていたけど既に売切れ。
でも試しにベージュを羽織ったら悪くなくて、元の半額というのでついレジへ。

流行を追うわけではないけれど、毎年、衣服は素材もデザインも進化して、
しかも、随分安くなっているような気がするし、バーゲンともなるとつい手が伸びる。

これは言い訳なんだろうな。

フランス人は10着しか服を持たない、とか。
でも、お気に入りの服を10着も持つのは、とても難しいことだと思う。

  

人気ギフト券を手軽に換金!


posted by アメジスト at 22:08| Comment(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

断捨離と冬支度で思うこと

あと少しで11月もおしまい。 巷ではクリスマスの飾りがあたりまえとなり、
いよいよ師走が迫って来て、冬支度もしっかりしなくてはならない時期。

着るものもだけど寝具も、昨年の冬の物を引っ張り出してみると、何となく
古びて見えてしまって、つい新しい物が欲しくなってしまう。

素材もデザインも何でも進化してゆくので、充分使えるものでも、余計に色あせて
古びたように感じてしまう。

断捨離とミニマリストを目指す者としては、ここが踏ん張りどころなのだけど。

こんまり、こと近藤麻理恵さん流を実践したいけど、ときめく物がないので、比較的
ときめく物を残す、となってしまうのが辛い(ー_ー)!!

あまりときめかない物の中から、一番ときめく物を選択するのは むずかしい。

これって、かたずかない人間のいいわけかなぁ〜などと思う。

拙い文章を読んで頂いて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 応援して下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ


posted by アメジスト at 17:30| Comment(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

断捨離、事始め

そろそろ、生活の冬支度を始めるこの季節、同時に思うことは人生の老い支度。

人生の折り返し点も過ぎて、やたらに時の過ぎるのが早く感じるこの数年、
ぼんやり者の私でも、そろそろ身の回りをすっきりさせなくては、と思うように
なったのです。

世の中、断捨離という言葉も普及し、最近はミニマリストと言うのも聞くに及びます。

我家はマンション暮らしで、収納は限られているのに、

後先考えない買い好きのうえ、もったいながりで捨てられない性分が災いし、
生活のあらゆる物が増えに増え続け、使わない物をしこたま抱え込んできて、
そんな生活もほぼ限界。

後で読もうと買っておいた本も、たぶん、全部は読みきれないかもしれない。
いつか作ろうと思って買いおいた、洋服の生地や、毛糸や、レース糸も、
その「いつか」はもう来ないかもしれない。 

そんなに沢山の時間はもう私には残されていない。 
最近、そんな風に思うようになってきたのです。


それにしても、あまりに多くの物に囲まれて、何から手を付けていいのやら。

とあるブログでこんな言葉を見つけました。 

”古い化粧品は女を古くする”

元々お化粧をあまりしないのに、買い好きのせいで大量の化粧品のストック。
これは、この言葉に後ろ押しされて、まよわずに処分できそうな気がします。

年と共に、肌や肌色に合う合わないも変化してるので、
化粧品の類の断捨離、手始めに、これはスッキリ出来そうです。



ラベル:老い支度 冬支度
posted by アメジスト at 07:13| Comment(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする