2015年11月13日

断る勇気

まだ、クリスマスは先のことだけれど、義姉から送って来たクリスマスリース。
ゴテゴテはやっぱり趣味にあわないし、飾るのはやめた。 

我家の子供たちの作品ならともかく、義姉の、しかもいわゆる、お古の作品。

義姉が、いつもこちらの意向など無視して、○○してね!だの、△△だから!、と
押しつけるように言うのに、反論せず、言われるままに受け入れてきた。

大概、どうでもいい事ばかりなので、些細なことで義姉を不機嫌にさせても、面倒な
だけ、という思いで受け流してきたが。 

これから先のこともある。 いやなことはいや、とはっきり主張することも、
結局はお互いのためだろう。 時には押しつけを断る勇気も必要だと思った。

下の写真は、今朝、しつらえた我家の玄関のクリスマス飾り。 イケアで見つけた赤い
フェルトのツリーと、赤のキャンドル。 それと、娘が旅行先で買って来た、
オーナメント三つ。 我家はこの程度の飾りでもう充分。

CIMG3070.JPG



拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ









ラベル:義姉 勇気 断る
posted by アメジスト at 18:25| Comment(0) | お義姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

この義母にしてこの義姉あり!

昨日も今日もお天気がいま一つ。

先週末は くしゃみと鼻水がでて、風邪を引きかけの症状がでてきたので、
家の中でごろごろして大事にしていた。 

ごろごろしていると、色々と考えてしまった。

義姉はどうして、要らなくなった物を平然とうちにに寄こすのだろう。 
一言、こちらの意向を尋ねても良さそうなものなのに。

こちらが 「ありがたがる」と本心で思っているのだろうか?
本当に謎だ!

そんなことをぶちぶちと考えていたら、一つ思い出した事があった。
以前、義実家に帰郷の折、日本茶を渡された時に義母が言ったセリフ。
 
「このお茶、まずいから持って帰って。」そう言って、渡された。

あまりの言葉に、耳を疑ったが、確かにそう聞こえた。
そのお茶をもらって帰ったかどうか、飲んだか捨てたかどうかも忘れたけれど。。。

普通、自分が美味しくないとわかっているものを人にはあげたりはしないし、
もし言うとしても、
「あまり美味しくないかも知れないけど、よかったら持って帰って」でしょう。

普段はおしゃべりなのに、言葉たらずにしても、足りなさすぎだ。 

義母の世界は、完全に義母を中心にまわっている。
ご近所や義母の仲良しの美容院のマダムとは、どんなやりとりをしていることやら。

義姉の不思議な行動は、この義母にしてこの娘あり、と妙に納得した(ー_ー)!!



拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ



ラベル: 義母 義姉
posted by アメジスト at 11:32| Comment(0) | お義姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

クリスマスリースもお古だった!

昨日、義姉から届いた手作りのクリスマスリースのお礼がメールだけでは、と思い、
電話した。 少し話すうち、義姉の発言に思わず受話器を落としそうになった。

義姉曰く、義姉宅では姪が大きくなり、以前ほどクリスマスの飾りをしなくなったけど、
今、手芸教室でクリスマスの壁飾りを新しく作っているので、以前作ったお気に入りの
リースは、もう飾らないことになる。 でも、まだ綺麗で処分するのは惜しいから、
お譲りした、と言うのだ。

エーッ! 捨てるのがもったいないから、うちにくれたの?!!!

確かに一見、綺麗。 リボンもそんなに色あせてないけど、付いている鐘の色が鈍くて、
新品ぽくはない。 だから、捨てるのはもったいないと思ったのだろうけれど。
 

ずっと以前に、うちの娘に使ってと、姪のお古のタオルを渡されたことを思い出した。
(この頁→http://watasiyomedesu.seesaa.net/article/427163995.html

あのときと同じパターンだ。 使ってたリースがまだ綺麗だからって、こちらの意向も
確かめずに送ってくる義姉の感覚が、私にはどうしても理解できない(ー_ー)!!




拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ




posted by アメジスト at 09:34| Comment(0) | お義姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

義姉からのお届け物

先日、義姉と会う予定が、キャンセルになり、その時渡したい物が
有ると言っていた物が届いた。

パスタと松ぼっくりで作ったクリスマスのリースだった。
CIMG3062.JPG

義姉は手芸が好きで、時々「作品」をくれる。 
これは、色んな種類のパスタを盛ってリース型にし、鐘もリボンも付いて、
かなり力作。 パスタも松ぼっくりもコッテリ金色の塗料で塗り固められていて、
案外重量もある。

我家は子供がある程度大きくなってからは、クリスマスツリーなど省略している。
でも、今年はこれを一応飾りますか。 それにしても、時期的にまだ早い感じ。

義姉は性格がきついのに、可愛くて乙女チックなロマンチック系がお好み。
以前も、かわいいデコパージュの壁飾りの「作品」を頂いたけど、
娘もいらないと言うし、飾る所がなく、結局どこかにしまい込んだまま。

義姉には うちは可愛い系の壁飾りはちょっと趣味が合いません、とは言いにくい。
義姉には、その手の飾り物がない我家が 殺風景に思えるのかもしれない。
本当は 断捨離して、思い切りシンプルに暮らしたいと思ってるのに。 

手作りの頂き物は、たとえ趣味に合わなくても、そう簡単には拒絶できず、
わざわざ作ってくれたのなら、有難いと思わねば、と心がモヤモヤする。

今回も気持ちだけは有難く頂いて「届きました。有難うございます。」とメールした。
やれやれ<(_ _)>


拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ


posted by アメジスト at 15:56| Comment(0) | お義姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

義姉の家

義姉の家は同じ近畿圏内とはいえ、行き来するにはかなり遠いので、
普段、近しい付き合いをしなくて済み、内心助かっている。

義姉の家は、少し前にありがちだった、不動産会社が土地開発して売り出した、
郊外のニュータウンにあり、かなり交通が不便。 

最寄りの駅とされるのは 急行が停まる大きな駅だが、徒歩ではとても無理な距離。
バスはあるが本数が少ないので、どこへ行くにも車がないと困るような所。

その頃は今よりもっと地価が高く、買える価格帯でなるべく大きな家をと探している
うちに、だんだんと交通不便なところになってしまったようであった。

元々、義姉も義兄も、こう言ってはなんだが、田舎の、のんびりした土地に生まれ
育った人達なので、交通の不便をさほど重視しなかったこともあるようだ。

それに義姉一家は、何でも義姉の主導で事が運ぶので、義姉が気に入ってそこに決め、
義兄の通勤の便のことは、二の次だったのではないだろうか。

良いのは、付近に大きな公園や大きな文化施設があることだけど、ちょっと
気軽に歩いて行けるような距離ではない。 途中、かなり土地の起伏もあり、
自転車でもきつそう。

その当時、義母が「義姉とこは 良いところに大きな家を買った」と自慢していたが、
義父は「家を見に行ったが、そりゃ不便なとこだ」と、小さくつぶやいていた。
  
義兄も単身赴任の時はまだしも、自宅から本社勤務の時は、会社まで2時間近くは
かかる。 朝夕は、義姉が最寄駅まで車で片道15分の距離を送迎するそうだ。

姪の小学校はまだ歩いて行ける範囲にあったが、中学校は、かなりの距離を自転車通学。
高校からは、最寄りの駅まで義姉が車で送り、帰りはバス、という生活になったようだ。

もとは梨畑だった山を開発したニュータウンで、義姉の家は緩やかだが北向き斜面の
途中にある。 買った当時は、庭も一階のリビングも日当たりが良かったのに、
一年足らずで南隣に家が建ち、日当たりが悪くなったと ぼやいていた。

業者も売りにくい側から建てては売って行くので、北斜面なら当然の売り方だ。 
業者は義姉一家が入居した後、すぐに建てては文句が出るので、少し期間を
おいてから、次に南側の家を建てて売り出したのだ。

義姉に、土地の選択ミスでしたねとは、口が裂けても言えない^^

ついでに、書いておくと、義姉の南隣に後で越して来た一家のご主人は、義兄より
もっと勤め先が遠いのか、毎朝5時すぎに家を出るらしかった。 帰宅も遅く、
隣の奥さんは車で送迎しないのでバイクで最寄り駅まで通っていたが、5,6年
ほどでご主人が体をこわし、離婚もしたとかで引っ越したという。

その頃、義母が、義姉の隣が売りに出てるらしいから、買ったらどうか、と息子
である夫に言ってきたとか。
なんで、そんな不便なところに(ましてや義姉の隣)、冗談じゃない!!


拙い文章を読んでいただいて有難うございます。
↓ ランキングに参加しています。 クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へにほんブログ村
嫁日記 ブログランキングへ
posted by アメジスト at 05:08| Comment(0) | お義姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする