2018年10月22日

ゴーヤ 最後の収穫

ゴーヤのカーテンを遅まきながら、かたずけました。
 
まだまだ青い葉を沢山つけ、黄色い可愛い花も毎日咲いていたけど、
近々、ベランダの外側に工事が入るので、やむなくかたずけたのです。

先月の台風にさえ、バラけながらもなんとか耐え、毎朝の水やりを
日課に育ててきたのですが、全部取り払いました。

もう収穫できるような実もない、と思っていたのに、以外や以外、
蔓を手繰り寄せると、あまり見えないところに大きな立派な実が
幾つかなっていて、思わぬ収穫となりました。

ゴーヤの収穫.jpg

早速夕食はゴーヤチャンプルとなりました。


posted by アメジスト at 07:48| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

観音竹 実家への思い

ベランダで、いろいろ植物の鉢植えを、家族に言わせると雑多に、楽しんでいるが、
その中に観音竹の鉢が4つある。

もう10年以上前に、3コインの店で、室内用のほんとに小さな鉢を見つけて買ったの
だが、年々大きくなり、鉢を替えてベランダに出し、それも地下茎でどんどん株が
増えてきたのを、時々株分けしているうちに4鉢に増えてしまったのだ。

  観音竹1.jpg  観音竹2.jpg


どちらかというと地味な観音竹など、なぜ育てたりしているかというと、
小さい頃の思い出からだ。

もう、とうに無くなってしまったけど、それなりに大きく立派だった実家の、 
門から玄関へ続く鉄平石敷の小道の両脇が、観音竹だったからだ。

私が 3歳位だっただろうか、兄弟姉妹がみな、次々とはしかにかかり、
一番下の私が最後にかかり、治ったのも一番後。 

治りかけの頃、兄姉達が学校や幼稚園に出かけた後だと思うが、玄関近くで
寝間着姿のまま、ひとりポツンとしゃがんで、何かを見ている幼い私の写真が
一枚あった。

しゃがんでいる私の後ろに 緑の青々した観音竹が茂っていた。

私の小さい頃の写真は 他の兄弟に比べて、極端に少なく、大きくなってからも、
なぜなんだろうと、悲しく思ったりしたものだったけど、めずらしく、たった一人で
写っている、小さい頃の私の写真。 

多分父が撮ってくれたのだと思うが、母だったかも知れない。
写真を撮られているのも知らないような感じで、斜め前の何かを見ている私。 

あまり父には 可愛がられた覚えがないので、勘繰れば、新しく買ったカメラの
試し撮りだったのかもしれない。 夏休みも近い頃だったから。

白黒の写真だったはずなのに、私の記憶の中では渋めの赤系統の格子の寝間着と 
青々とした艶のある濃い緑の観音竹がよみがえり、風に揺れる葉擦れの音さえ、
聞こえるような気がするのだ。

あの写真は今、どこにあるのだろうか。 家族のアルバムに貼ってあったけれど、
母屋をひきはらったり、引っ越ししたりして、まだ保管されているかどうかさえ、
分からない。


でも、観音竹を見ると、あの家で育ったのだという、その当時の実家を思い出して、
懐かしくなるのだ。

posted by アメジスト at 10:40| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

ゴーヤカーテン 実を収穫

ゴーヤのカーテン、今日は実を収穫しました。

どれも10p足らずで小さいけど、実に栄養が回るより、
葉っぱが茂ってほしいので、とりあえず収穫。


 実ゴーヤの.jpg

これで、ゴーヤチャンプルが一皿、出来ます(^^)/
posted by アメジスト at 16:50| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

ゴーヤ 緑のカーテン

ゴーヤのカーテン、今の状態をご披露。 

2ゴーヤカーテン.jpg 1ゴーヤカーテン.jpg

カーテンは少しまばらですが、高さ2mの網を余裕で超えて、実を沢山つけるので、
蔓を大きくするために、小さいままの実を毎日少しずつ収穫しています。

来週からお盆。
母の初盆となるのですが、まだ遺産分割がまとまらないまま。

次兄がやたら結論を急かすのが、鬱陶しい。
暑さのせいで、体もしんどいけど、頭の働きも鈍いみたい。

暑さ寒さも彼岸までとか、今しばらくはこの暑さと上手に付き合って、
頭を冷やしてよく考えねば。


posted by アメジスト at 07:13| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

薔薇一鉢

薔薇を一鉢を買いました。

一昨日、ホームセンターにティッシュペーパーをまとめ買いに行ったついでに、
いつも覗く植物コーナーで、あまりに可愛い薔薇にひきつけられ、一鉢買いました。
膨らんだ蕾をいっぱいつけていて、香りもほんのり甘く、480円!だったんですもの。

これはインフィニティローズと言って、デンマークで作られた世界でベストセラーの
薔薇なんだとか。 室内でも育ち、丈夫で、花もちがよいとのこと。

四季咲きでミニ薔薇とは言え、蕾はそんなに小さくはなく、ベランダにあった
白い鉢に、適当に土を入れて 植えつけました。

薔薇2.jpg 薔薇1.jpg


今まで薔薇は何度か挑戦してきたものの、なかなかうまくいかず、アブラムシとか
うどん粉病にやられたり、枯らせてばかりでしたが、この薔薇は虫や病気にも強いとか。

根元を見ると一本の苗ではなく5本もの苗の寄せ植えで、夫々の小さな苗に一つか二つ
蕾を付けているのです。 さすがプロ、生産者の育て方が上手いんでしょうね。

ググってみると、育て方の上手なひとなんでしょう、二鉢買った翌年、苗一本を一鉢に
植え替え、元の2鉢を8鉢に増やし、ミニ薔薇とは思えない大ぶりの花が夫々の鉢に
咲いています、というサイトもありました。

そのサイトによると、薔薇は案外強いので 日当たり、水やり、肥料をバンバンが
いいのだとか。 本当かなと思いつつ、とりあえず今回はその路線でやってみよう。

姉にも一鉢、おしゃれな鉢に植え替えて油粕をセットにして、育ててみてと
プレゼントしたら 気がまぎれて早く立ち直ってくれるかしら。
posted by アメジスト at 11:29| Comment(1) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする